日本公式ショップ限定特価★さらに1500円以上で配送料無料 (沖縄/離島除く)

うさぎの餌についての基礎知識

Burgessのうさぎガイドは、あなたが幸せで健康なうさぎを飼う事をサポートするために、ここにあります!

うさぎの給餌の基本

うさぎは草食動物で、食事に非常に多くの繊維を必要とします。
高繊維な食品は、うさぎの食事の最も重要な部分です。
腸を健康に保つのに役立ち、繊維質の多い牧草は、歯が大きくなりすぎるのを防ぐのに役立ちます。

Burgess Excelが推奨する給餌プラン

バージェス エクセルの給餌プランに従うことで、うさぎが繊維・ビタミン・ミネラルの正しいバランスを保つことができます。

うさぎの餌のうち85〜90%は、ゴミチリをきちんと抽出した、高品質な牧草や、新鮮な草を与えましょう。

残りの10〜15%を、バージェスのペレット、ご褒美おやつとしてのExcelネイチャートリーツ、ほんの一握りの新鮮な生野菜で補います。

加えて、必ず、常に十分な量の新鮮な水を用意しましょう。


Burgessペレットへの移行

これまでのフードを徐々に減らして、14〜28日間をかけて、うさぎの食事を徐々にBurgessペレットに移行しましょう。

繊維の種類

うさぎは、常に腸内を移動する2種類の繊維の混合物で、消化器系を忙しく保つ必要があります。これらの種類の繊維は、消化性繊維および難消化性繊維と呼ばれます。うさぎは、この2種類の繊維を、良質な牧草から得ています。

バージェスエクセルのペレットは、牧草や新鮮な草を与えるとともに、ウサギが必要なすべてのビタミンとミネラルを確実に摂取できるように特別に配合されています。ペレットは、一流の小動物獣医と栄養士によって開発されました。

うさぎの食糞について

うさぎを初めて飼われた方は、可愛いうさぎが、自分のフンを食べる行為(食糞)に驚くでしょう。

うさぎの食事が初めて腸を通過する時、繊維からは十分な栄養を得ることができません。そのため、彼らは、小さなブドウのような、柔らかく、粘着性のあるタイプの糞を排泄します。その後、彼らはこれらを再び食べて、残りの重要な栄養を摂取します。

これは、野生では常に捕食される側の厳しい環境で育ったうさぎにとって、極めて日常的な習慣で、異常行為ではありません。